俳優設計 大竹野正典作「リボルバー」を読む

 2015 年、2017 年に行った俳優向けの実践ワークショップ「俳優設計」では、俳優と様々な演劇手法に触れる場を作り「他者( 演出家や観客)の視点から見た俳優としての自分」を探り関西の俳優の演技の質を少しでも高める試みの一つとして行ってきました。
 2019年1月〜3月には、<俳優設計『戯曲を読む』時代を描いた戯曲から現代演劇のあるべき姿を考える>と題し、時代の変化を洞察した過去の名作戯曲を参加俳優が読む「リーディング」を一般に公開し、その後作品から見える<未来>について「ディスカッション」を企画。
 今回はその「リーディング」「ディスカッション」を、現在演劇祭も開催されている大竹野正典氏が書いた「リボルバー」を題材に行います。

===================================================

『リボルバー』作/大竹野正典

【リーディング】
会場:ウイングフィールド
日程:6月10日(月) 19時

【ディスカッション】
会場:ウイングフィールド
日程:6月15日(土)19時開始(予定)

===================================================

会場予定
ウイングフィールド(大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27周防町ウイングス6F)

参加・見学費
無料(カンパ制)

募集人数
俳優参加希望の方は先着順

リーディング参加資格 経験不問

応募方法
下記内容を明記のうえ万博設計までメールにてご連絡いただくか、下記募集ホームよりご応募ください。

・氏名(フリガナ) ・性別 ・年齢 ・携帯番号 ・PCメールが受信可能なメールアドレス
・所属団体の有無(あれば団体名)

主催 万博設計 

お問い合わせ
万博設計
Mail:exposdesign@gmail.com
Web:https://banpakudesign.wordpress.com
Tel:070-5502-6195 (着信専用)
Twitter:@exposdesign