RUNNER(橋本)

昨日は雨フル中、重い腰を上げて整体に行った。

行きつけの整骨院なのだが、野球選手やら相撲取りやらラグビー選手の写真やユニフォームやサインが壁一面所狭しと貼られている。
最初は「ほぅ新庄が!新庄の体のケアが出来るぐらいなら、運動をしてない私のケアなんかお手の物だろう」なんて考えていた。
が、腰痛というのは中々シブトイ。
というか筋肉の損傷なら治せるけど、あんたの場合は筋肉が足りないから腰痛になってるのであって、整骨院来るまえに運動しろよ!って事なのだ。
筋肉が足りない、と。

私も鍛えたくないわけではない。
腹は出てきた。足腰も弱ってきてる。
一念発起だ。
一ヶ月程前に、Runkeeperというアプリを入れてみた。
Runkeeperは、自分が走った距離、スピードをGPSを使って測ってくれるとても楽しいアプリだ。
自分が時速何キロで走っているのかも分かる。
実際に走ってみると、楽しい。
誰にも邪魔されずに考え事が出来るので、とても有意義な時間だ。

しかし走り始めた次の日に、自転車でコケた。
膝がサックリ割れたので、とても自力では走れない。
それ以来Runkeeperは電車に乗っているときに起動させて

「ほう、時速60キロぐらいか」

電車の速度測定アプリへと成り下がってしまった。
ちなみにRunkeeperは「知り合いも走っていますよ!」と勝手に知り合いの走行状況を教えてくれるのだが、
コトリ会議で共演した、ダイエットで有名な某女優さんもアプリを入れている事が判明した。
走行距離は0キロのままだ。
きっとダイエット女優さんにとっても、意味の無いアプリに成り下がってしまっているのだろう。

膝も殆ど治ってきた。
走りたい、そんな思いも充電されてきた。
よし、行ける。

風邪ひいた。
もう少しだけ待って。
ああ、梅雨だ。
雨で走ったら風邪をひく。
梅雨があければ真夏だ。秋まで待って。
秋よ来い。

広告