私信(橋本)

台本書き中の私です。
いかがお過ごしですか?

幽霊’が実際に動き出して、昨日は演出助手のニノと制作の今野と打合せしたりしながら台本の事を考える日々。
がっかりアバターのチラシの事も当然考える。
他にも色々考えて!と言われてる事も考える。

ただ、考えて残る事は、そんな事はどうでもよいと身近で全力で苦しんでいる人の事だ。

目の前の事に忙殺されている自分ではあるが、そこは絶対に忘れないし、忘れたくもない。

お前がいなくなったら悲しむ人が、とりあえずここにいると思って生きているという事だけは記しておきたい。

なんやかんや考えながらで要領悪くて身動きとれない自分ではありますが、叶わないとはわかりつつも、呑みに誘いたいと思う。

ふらっと2人で呑んだ事が、忘れられないし、忘れる気もないのだ。

広告