今週土日にgateの本番となります。

本も早い段階で完成し、短編作品としては稽古回数も多くこなせた。
稽古を繰り返す中で考えていたのは、作品にとって完成とは何だろうか。
そんな事を頭の片隅で考えながらな日々。

予算の関係もあり、稽古は殆ど我が家で行いました。
演劇作品として考えればKAIKAに似た稽古場を確保した方が良かったのかもしれません。
家は私のプライベートな空間であり、サイズも当然普段の稽古場より格段に小さい(7畳)。
俳優の動きや声量は制限されるし、緊張感というものを演出するのには適していない。
ただ発見もまた多かったのです。
今回の作品は居眠りを題材にしています。
居眠りの定義は、人前で寝ること(もしくは寝たふりをすること)。
プライベートな空間では無い場所で、寝る。
そんなことをするのはどうやら日本人だけらしく、海外から見る居眠りは特異なものに映るらしい。
治安の良さがそうさせるのか、働き過ぎがそうさせるのかは個々人によってそれぞれであろうが
少なくともこのブログの文字をすらすら読める方にとって、居眠りはかなり身近な行為であるはずです。
(私は大阪に住み電車で移動しているので特に身近なのかもしれないが)

非プライベートな空間に、プライベートな行為を持ち込む事。
あまり誉められた行為であるはずはないのであるが、日本では特にピックアップされる行為でもない。
日常だからだ。
稽古場は真逆にプライベートな空間に非プライベートな空間を持ち込んでみたのです。
KAIKAに入って何が変わるか。まだ不明な部分があるのは確かです。
なので木曜日から、その辺りをしっかりと見極めたいと思っています。
さて、gateはKAIKAという劇場で上演される試演会です。だそうです。
試演という気持ちはもうないが、劇的なもの、について改めて考える機会として、居眠りを題材にしました。
つまり、居眠りしている間は、他人とは干渉しないという意思表示でもあるわけで
他者との関係性を表現するのに適していると思われる劇にとって、居眠りしている人が劇的なるものを発動させる事が出来るのであろうかっていう素朴な疑問。
そして居眠りについて考えれば考える程、居眠りという殻に閉じこもった人達の外側について考えるに至るのです。
たとえ本人が居眠りしていても、電車は目的地へ向かう。
その速度は眠りの深さと反比例に加速していく事もあるでしょう。
ズレ。
距離が離れれば離れる程、到着には時間はかかるものであるはずだが、電車や、飛行機や、手紙や、電話や、メールや、SNSや、このブログだって
私と何かの距離をすっ飛ばした存在であるのは確かで、手触りは、ない。
ただ手触りを求めてみる。そこに劇を内在させてみせる。
そういう思いが、INEMURINOKUNIを上演する最初のキッカケである。

そして冒頭の問に戻る。
劇の完成とはなにか。
今週上演されるINEMURINOKUNIに関して言えば、プロトタイプの作品である事は間違いない。
プロトテアトルの面々に完成品を求めていない訳ではない。
稽古の一環で、一度電車の中で試してみた。
作り上げた劇は、まるで劇では無いみたいに、日常にそのまま溶け込んでしまった。
それで良いんですけどね。その溶け込んだ劇を具現化してくれたのが、プロトテアトルの面々である。ありがとう。
たださらに耐久性のある劇にする為に、まず最初に完成させなければいけないものを作ってくれた。
INEMURINOKUNIは今後様々な俳優、もしくは俳優でない人に試してもらいたい作品なのです。
居眠りを媒介に広がる世界を、今少しだけ夢想している最中です。

この作品は、劇場で見終わったあとにすぐに体感できる作品では無いです。
劇場を出て、帰る最中、または後日にフラッシュバックの様に見えてくる作品だと思っています。
大阪から来ていただける方は少し遠いと思われるかもしれませんが、帰りの電車もまた、劇になっているはずです。
居眠りしそうになっても、どうか集中して見続けていただきたいです。
劇場の外にレイヤーを。
そういう劇なのです。

パイロット版シアターシリーズ
『gate#13《May》』

■日時
5月16日(土)15:00★/19:00★
5月17日(日)11:00★/15:00
(開場は開演の30分前)
★終演後、アフタートーク有

■会場 KAIKA(京都市下京区)
http://www.fringe-tp.net/kaika.html

■参加団体
コトリ会議『チラ美のスカート』
[脚本・演出]山本正典
[出演]牛嶋千佳 要小飴 若旦那家康 渡邊歩惟
織田拓己(カラ/フル) タメカツヒロ

Quiet.Quiet『条例』
[構成・演出]辻崎智哉
[出演]生駒怜子 野村明里 江川未来 他

万博設計×プロトテアトル『INEMURINOKUNI』
[脚本・演出]橋本匡市(万博設計)
[出演]小島翔太 豊島祐貴 西琴美 FOペレイラ宏一朗

■チケット取り扱い
イープラス
・KAIKA取り扱い《Peatix》《カルテットオンライン
・コワーキングスペース小脇にて直接購入

■お問い合わせ
[KAIKA]
tel: 075-276-5779(フリンジシアタープロジェクト 平日10時~18時)
acs_kaika@fringe-tp.net

広告