良い夜です

今回宣伝美術も担当している。再演犬以来か。
前回幽霊’で宣伝美術をお願いしたオレンヂスタ美術部さんは5都市公演中で打ち合わせも作業もままならないだろうし、なら、私が、とあいなりました。
もちろんしんどい作業ではあるんだけど、今回は楽しんで作っている。
まぁ見て下さいとしか言いようがないのだが、私にしか作れないチラシになります。
出来ないから人に頼む、自分ができることを面倒だから他人に頼む、その差みたいなものをひしひしと感じながら
まだ俳優、スタッフに渡す前の「苔生す箱舟」に一人埋没していっております。
どこまで他者に「私」を預けることが出来るか、その塩梅こそが「私」の境界線なのかもしれない、と感じたりします。
まぁ作品に関しては舞台に出してみないと、分からないことなんですけどね。
ただ今回は、宣伝美術を細々作りながら、本を書いている感覚があって
これは私にしか出来ない書き方なんじゃないかな、と、ちょっとワクワクしているのです。

先日北海道に旅してきました。とても良い旅でした。
年を重ねることが楽しい半面、死ぬという事実がとても怖い。
怖いという事は、大事なものの輪郭がはっきりしてきた、ということです。
その先の境地、みたいなものを感じる日も来るのでしょう。
そんな事を感じさせてもらいつつも、美味いもんいっぱい食べて、おもろい人といっぱい会って、幸せもんです。

広告