2016/05/17(橋本)

早起きしてゆるゆる本を書きすすめ、伊丹空港へ。東京出張。伊丹空港の出発時間案内はアナグロ感溢れている。クイズダービーを思い出す「パタパタパタパタ、、ジャン!」みたいな。関空より良い意味で昭和だ。お気に入りのハサミが危険物として別移動に。無事フライトして窓の外を眺めると住宅地がアリの巣にお湯かけて溢れ出た蟻達のよう。人間多すぎ。勿論神の視座に立った気でいる私も含めてなんだけど。

羽田着。例の犬はいなかったみたいで無事着陸。人に対して犬少なすぎ。

その足で宿にチェックして今野と合流、チラシを渡して軽く打ち合わせ。遠距離劇団なのでなかなか会えないが、会うと、いろいろ出てくるもんだ。会えてよかった。

で、東京に来たほんとの理由。王子小劇場へ。北川くんと久々再開。黒澤さん、佐々木さんと夏のウイングカップで行っていただくディレクターズワークショップの打ち合わせ。これは熱い。これは輸入して大阪の皆さんに「南蛮渡来の伴天連はモノが違うのう」とか言ってほしい企画だ。輸入、大事。東京の方々は自分の身を切って確実なリターンを得ている。そういう言葉の応酬。私は、さて。

打ち合わせも無事終わり、串カツをいただき、情報交換。安息の地なんてありゃしない。

宿に帰り、少し筆を進めて就寝したいと願っているところ。明日もお久しぶりな方にお会いできる。ありがたや。ねむ。

 

広告