三澤と銭湯【第一敷島湯(杭瀬)】①

前回までのあらすじ

銭湯が閉まっていて頭が真っ白になった二人。

それでも二人は、一歩、また一歩足を進め
まだ見ぬ銭湯に向けて野田駅方面に歩きはじめた。

(ぎゅいん)

ん?

(ぎゅんぎゅいん)

(ぎゅいいいいいいいいいぃぃぃぃんんん!)

(ふぉん)

うわー!!!!!!!!!!!!!

(でぃれでぃれでぃれ……)

そして二人は福島での記憶をなくした……

(写真データを紛失しました)

そして時は経ち、橋本は三澤にある場所に呼び出されるのであった。

確かに行ったんだけどな……どこに…?誰と…?

思い出せない……。

いいや。忘れよ。

『阪神梅田駅から6駅先に来てください みさわ』

脳内にこの記憶しか残ってないけど、とりあえず向かってみるか…。

なるほど。有馬温泉!
前回銭湯が閉まってたから、今回は豪華版というわけだ。
あいつも気が利くなぁ。炭酸泉は最高に疲れが取れるっていうし。

よし、行くぞ!!

 

どこだよ。

両隣の駅も知らないよ。
(杭瀬近辺にお住まいの皆様すいません)

とりあえず降りるか……。

お待ちしておりました。

よし、今からでも遅くない。有馬温泉に行こう。

まだ分からないんですか?
前回学んだでしょ。いきなり行っても閉まっていることがある。
有馬温泉が閉まっていたら目も当てられませんよ。

お前が正論を言うな。

またぎゅいんってやりますよ。

やめろ。

というわけで、今回は阪神杭瀬駅から北上して三澤おすすめ銭湯へ向かいます。

銭湯へ向かう

   

 

 

広告