三澤と銭湯【第一敷島湯(杭瀬)】③

やってるでしょう。
敷島湯の定休日は火曜日です。
皆様お気を付けください。

誰に言ってんの?

あー。ほんと、これ写真では分かんないかもだけど
すっげーーーー落ち着く空間だなぁ!!

なんと銭湯にサイン!

驚くべきは中です。
さ、入りましょう。
お風呂に入る前にすることと言えば?

掛け湯!

ざばーん

 

ここからは例によってかわいいフリー素材集でおなじみ
いらすとやさんのイラストを交えながらお送りします。

なんと今回は一定時間お客さんがたまたま私達だけだったので
撮影許可をいただきました!

(許可のない撮影は銭湯でも演劇でも絶対にやめましょう)

おお!初の銭湯富士!

本格的ではないですが、いいもんですね。

これができます。

手前には大きな滝の絵もある。
やっぱ銭湯には絵だねぇ。

ですね。

やめろ

童心に帰ってしましました。


あーいい湯だ。
だ…けど…

やっぱりこじんまりしてる。

湯船、薬用風呂、シャワー。

確かに必要最低限のものしかありませんから
スーパー銭湯にはあるものが沢山ありません。

にも言いましたが、限られたものしかないということは、
迷わず入れるという事です。

現代社会のようにコンテンツばかり用意されて
実際何からはじめればいいか分からない…
なんて人も多いんじゃないですか?

人間シンプルに生きるのが一番です。
小さいながらも清潔な銭湯。
湯に浸かる。体を洗う。体を癒す。
そしてまた新しい1日を始める。

それだけでいいんですよ。

沈めたい

本日の薬用風呂は冷え性に効く「じっこう」風呂。
じんわり体が温まります。

ふーあったまってきた。

今回はさっと入ってさっと出ましょう。
地元の人達の憩いの場でもありますからね。

いやーいい湯だったな。
そして待合室も昭和レトロでタイムスリップした気分だわ。

体重計もレトロで現役!

さーそろそろ出るか。ん?

おかあさん、とてもいいお湯でした。

(三澤がまたおかあさんとコミュニケーションを…!)

三澤とおかあさんのコミュニケーションを見る

   

広告