2017/2018

2017年最後の日、あたたかいお布団でとてもよく寝てしまった。
やらねばいけない作業がまだ少しあるが、劇塾案件を除いては先方ありきの案件なので、持ち越す事にした。

劇塾の演出プランの整理を出来るところまでして実家に帰る予定。
本の改稿をお願いして、戻ってきた本は少し伸びていた。
面白くなっているので、演出としてベストの入射角を探ります。今から。

今年は本公演の真っ只中に決意表明した事で、叱咤激励を言われながら、自分の軸のブレが少し整っていった気がする。
1番面白い事を守る為に、2番目以降に面白い事を整理する。
2番目以降も決して嫌いでない仕事なだけに、贅沢な話だと思う。
だからこそ、1番の軸が強くなると信じたい。
ただ、何かを捨てるということは、少し勇気がいる。
「書いた方が良い!」と言われるたびに、少し胸が痛みます。
(万博設計に入って下さる方がいたら、流れは変わるんですけど、ね。募集しようかしら)
来年はさらに整えて、再来年に向けて動く年になりそう。
2018年、万博設計の本公演はございませんが、一つ一つの公演、案件に誠実に向かい合っていこうと思います。

そして本当は面白いのに、その面白さが伝わっていないと感じるものと向き合いたい。入射角を探りたい。

良い入射角のイメージ

では、良いお年を。
さて、演出プランを練ります。

橋本匡市

広告