02「鮟鱇婦人」

万博設計03「鮟鱇婦人」

「千田訓子一世一代一人芝居」と銘打ち、女性落語家の一生を八十分に凝縮。

2013/08/10(土) ~ 2013/08/11(日)
会場 ウイングフィールド
出演 千田訓子
脚本 橋本匡
演出 橋本匡
料金 1,500円 ~ 2,200円【発売日】2013/05/31一般 前売り2,200円(前売り・当日均一)
学生 前売り1,500円(前売り・当日均一)
ペア割 2名以上でご予約の場合、1名様あたり2,000円に割引!
こちらは予約のみの取扱になりますのでご注意下さい。
サイト http://www.exposdesign.com/※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年
8月10日(土)15:00- / 20:00-☆
8月11日(日)14:00-☆
☆はアフタートークを予定しております
説明 初代三遊亭圓朝、至極の古典落語「死神」を大胆に解釈
千田訓子、一世一代一人芝居。=======================父親を捨てて逃げた母親に仕方なく同行した少女。精神的に追い込まれ、限りなく死に近づいていく母親から娘は逃げ出し、
出入りしていた寄席の落語家に弟子入りする。「家族を笑顔にすることができなかった私は、せめて他人を笑顔に出来ればと考えたのです。」

しかし、客席からは一向に笑声は聞こえず、歳だけは一丁前に重ねていく。

若さを保ちたいと願う女は、鮟鱇のコラーゲンが肌に良いと聞き、少ない給金と小遣いを鮟鱇鍋に費やし、貪り尽くす。

その噂は瞬く間に広がり師匠や同業者や客から
「鮟鱇婦人」と呼ばれるようになる。

その他の注意事項など アフタートーク有り
スタッフ 美術 サカイヒロト(WI’RE)
照明 加藤直子(DASH COMPANY)
音響 近松祐貴(オリジナルテンポ)
小道具 伊藤由樹(工房黒猫ハグルマ)
舞台監督 田米克弘
宣伝美術 名原佑果
宣伝美術撮影 降矢菜採
制作 今野恵子
制作協力 出之口愛実
企画協力 松尾晃典

IMG_0029

IMG_9814

IMG_9906